定款施行細則

会員規則

一般社団法人京都大学外科交流センター会員規則(定款施行細則第2号改)

第1条
この法人の入会については、定款に定められたことのほかは、この規則による。
第2条
定款第11条の規定によって本法人の正会員として入会することができる者は、 次の各号のいずれかに該当しなければならない。
  1. 当法人の目的に賛同した医師
  2. 当法人の目的に賛同した研究者
第3条
定款第11条の規定によって本法人の賛助会員として入会することができる者は、次の各号のいずれかに該当しなければならない。
  1. 当法人の目的に賛同した個人
  2. 当法人の目的に賛同した団体または法人
第4条
本法人の正会員あるいは賛助会員になろうとするものは、入会届書に、所定の事項のすべてを記入し、当該年度の会費を添えて、本法人事務局気付で理事長宛に提出しなければならない。
第5条
全ての正会員あるいは賛助会員は、以下の京都大学外科交流センター理念の下で活動する。
  1. 1.互いに連携し、外科診療・外科学の向上と外科医の育成に努める
  2. 2.諸活動を通じて地域医療の振興に寄与する
  3. 3.会員の親睦を深め、情報を共有し、相互扶助のもとキャリアパス形成を支援する
第6条
理事長が入会を承認しなかったときは、提出された当該年度の会費は、これを返還する。
 
第7条
正会員、賛助会員を問わず、入会届書内容に変更を生じたとき、速やかに当該事項のすべてを記入した変更届書を本法人事務局気付で理事長宛に提出しなければならない。
第8条
退会を希望するものは、速やかにその変更届書を本法人事務局気付で理事長宛に提出しなければならない。
第9条
  1. 当センター正会員で満年齢月70歳に達した月において、センター会費規則第6条の条件を満たしている場合『特別会員』として引き続き会員特権を継続する事ができる。
第10条
この規則は、理事会及び総会の議を経て、変更または廃止することができる。
付則
  1. この規則は、平成19年8月4日から施行する。
  2. この規則は、平成20年12月1日の中間法人法廃止に伴い同時に施行された一般社団法人及び一般財団法人に関する法律に基づき、有限責任中間法人京都大学外科交流センター会員規則(定款施行細則第2号)を改正の上、平成21年12月12日より施行する。
  3. この規則は、平成25年12月7日から施行する。
  4. この規則は、平成27年12月5日から施行する。

PAGE TOP