京都大学外科交流センター理念

京都大学外科交流センターは以下『3つの理念』の基で活動しております。

  • 1. 互いに連携し、外科診療・外科学の向上と外科医の育成に努める
  • 京都大学外科学講座とその関連施設で、外科後期研修医に対する共通の研修プログラムを作成・運用し、若手外科医の養成を支援しています。また、会報誌を発行し、各会員施設の症例数や学術業績などを集計・公開することにより、互いに切磋琢磨し、向上を目指す環境を醸成しています。

        
  • 2. 諸活動を通じて地域医療の振興に寄与する。
  • 若手外科医に対して、関連施設の特徴・診療内容・実績などを紹介する機会を数多く設けて、各自のキャリアパスを形成する支援を行っています。

        
  • 3. 会員の親睦を深め、情報を共有し、相互扶助のもとキャリアパス形成を支援する。
  • 数多くの研究会やセミナーを主催・後援しています。さらに、手術動画を含む発表内容を一部、京都大学外科交流センターのホームページの会員専用サイトで閲覧可能となっており、センター会員としてのメリットを享受できます。

京都大学外科交流センター入会の特典

京都大学外科交流センターにご入会いただくと以下の会員メリットがございます。

  • 1.会員専用ホームページの閲覧
  • 会員専用ホームページでは、「各セミナーで発表された手術動画」「会員名簿」など、多くの情報が掲載されております。また今後は、歴代の京都大学外科教授の「手術動画」や「資料」など「京都大学外科ライブラリー」を公開する予定です。

  • 2.京都大学外科交流センター会報誌の提供(1年毎)
  • 前年度の京都大学外科関連施設の「手術症例数」や関連施設所属外科医および非関連施設所属正会員の「学術業績」などを掲載しております。またその他にも、異動情報や博士号取得者などの情報も掲載されております。

  • 3.京都大学外科交流センターが主催・共催するセミナーおよび研究会の案内
  • 京都大学外科夏季・冬季研究会はじめ数多くのセミナー案内を個々の先生方へ書状またはホームページ上で告知し、情報や技術の共有などを目指しております。

京都大学外科交流センター紹介スライド

         
des_bar.jpg  

PAGE TOP